毎日新聞

私は毎日新聞ではないのですが、 姉から朝、FXが届きました。

今日の朝の新聞に阪神タイガースの岩田投手と西部ライオンズのジェイソン・ジョンソン投手の事が載っていたからって。

治療を続けるプロ野球選手

岩田投手
発病は高校2年の冬。
発病当初は野球をやめなければいけないかもと思ったけれど主治医の先生が「続けた方がいい、運動と食事とインスリンのバランスが大切だから運動をやめたらもっと悪化する」と言われたそうです。
それからは野菜を意識して取るようにして学校の寮の食事でも岩田投手のお皿だけ野菜がてんこ盛りになってたとか。それを食べてからご飯やおかずを食べるようにしていたんですって。

高校3年の時社会人野球球団の内定が取り消された。
高校3年の時に踏ん切りが付かない、将来へのもやもやとした不安があった頃エアロビの大村さんと知り合って負けてられないと勇気づけられた。

ドラフト逆指名で阪神を選んだのは注目の高い人気球団で活躍する事でこう言う選手もいると知ってもらい元気を与える事が出来たらと思ったからみたいです^^


ジェイソン・ジョンソン
11歳で発症。
なぜ自分だけが毎日、注射を打って治療しなければならないのか、理解するのに1年くらいかかりました。
野球は両親の励ましで続ける事が出来たとか。
強い意志を持てば、夢はかなう。 野球選手になりないならあきらめるな。大リーグまで上がれば同じ病気の人を励ますことが出来る って言うメッセージをくれています。

ジェイソン・ジョンソン投手はポンプを使っていて、使い始めたのは6年前だそうです。
ポンプをつけた事で普通の生活に近くなったと感じている。

素敵なメッセージを沢山くれていますね(#^^#)



インスリンポンプは関西オフ会の時にみいさんの娘さんのめいこちゃんに見せてもらいましたが思ったより小さくてポンプだと言われなかったら分からなかったです。
[PR]

by futtosaru40 | 2007-08-10 14:32 | IDDM